二次会の景品選びについて

二次会の景品を選ぶ際には、様々なことに気を付けなければいけません。まずは、どんな人が会に参加するのかと言うことです。年齢、性別によって受け取って嬉しい品と言うのは変わってきます。あるいは、その本人は勿論のこと、その家族構成も知っておくと、より気の利いた景品を選ぶことができるかもしれません。それから、どういった趣旨での二次会なのかということも注意すべきポイントです。結婚披露宴後のそれなのか、会社で行われる忘年会、新年会後のそれなのか、はたまた親しい友人同士の飲み会のそれなのかによって、会そのものの雰囲気も異なってきますから、その雰囲気に合った品を選ぶことが求められます。そして、二次会に参加されている人が、どこから、どういった手段で来られているのかと言うことも、非常に重要なポイントです。遠方から、電車や飛行機などの公共交通機関を利用して来られている人に、大きくて重たいものや、すぐに冷凍保存などが求められる食品が景品としてわたってしまった場合、受け取った側も嬉しい反面、少し困ってしまいます。ですから、持ち運びしやすく、持ち帰るのに気を遣わなくていい、苦労しなくても良い品を選ぶことが求められます。

二次会の景品について~人気がある品物について

楽しい二次会の雰囲気を壊さないためにも、そこで贈呈する景品選びには細心の注意を払いたいものです。会の目的やその雰囲気、そこに参加されている方の性別や年齢、家族構成、そして購入予算などがそれを選ぶうえでのポイントとして挙げられます。また、インターネットなどで検索をして、人気があるような品物を選ぶと言うのも良い方法です。人気がある品としては、まずは食品、それから最新の家電製品、そしてチケットなどが挙げられます。どれも確かに、受け取る側からしてみれば魅力的な、そして景品としても非常に華があるものばかりです。しかし、好き嫌いがあるかもしれない、持ち帰りに苦心するかもしれない、既に持っているかもしれない、チケットが適用できる場所を容易に訪れることが難しいかもしれないと言ったことが考えられる品でもあります。そういったことを解消するためには、やはり現物そのものを、その場で贈呈するのではなく、カタログや引き換えチケットとして贈呈するのが最適です。これでしたら持ち帰りに苦労はしませんし、カタログなどしたら好きな時に、自分や家族の好み、あるいは住んでいる場所などに合わせた、適切な品物を選ぶことができます。引き換えチケットは、簡単に景品と交換することができるサービス、インターネットや電話、ハガキなどの郵送受付などを導入しているものが良いです。

結婚式の二次会の景品

結婚式の二次会は、友人が幹事をすることが多く、とても盛り上がります。新郎新婦を喜ばせるためにみんなでクラッカーを鳴らしたり、余興をしたりすることもあります。結婚披露宴と違い、新郎新婦の両親や、親族などは参加せず、友人や、会社の同僚などが招待されるので、堅苦しくないです二次会はほとんどが会費制なので、祝儀は必要ないです。会費の中から、二次会の途中で行うゲームの景品を買うことも多いです。ゲームで一番多いのがビンゴゲームです。ビンゴゲームは、新郎新婦が、交代に番号を引いていき、ビンゴになった人が景品をもらうことができます。景品は、旅行券や、テーマパークのチケットなど高価なものもありますが、中には、面白グッズなどもあり、とても盛り上がります。ビンゴゲーム以外にも、新郎新婦から出すクイズだったり、ドレスの色当てゲームだったりすることもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*