顧客管理による固定客の確保

消費者ニーズが細分化されるなか、消費者がどのようなものを求めているかを理解するためには顧客データが非常に重要である。
どのような製品やサービスをどのタイミングでどのターゲットに市場投入するかが、成功か失敗の分かれ目であると思われる。

従って、消費者の情報をしっかりと掴むことは非常に重要である。
その中での活動として挙げられるが顧客管理である。いくら、新規顧客を獲得しても、既存客が離れていってしまっては、安定的な成長は望めない。
今いろ固定客を放さず、どれだけ多くの新規客を獲得できるかが勝負である。

情報を収集する方法としては、例えばクーポンやサービス件つきを条件に、会員になってもらい、顧客情報を管理することがあげられる。
飲食店などでは、クーポンなどがあればそれだけで、顧客利用頻度は向上するし、新規顧客の獲得も期待出来る。

ここで顧客情報を管理できる一番のメリットは顧客がどのようなものを求めているかということを管理出来る事である。
飲食店を例に挙げると、ある顧客が月に何回自社の店(製品やサービス)を利用しているかを分析することで、その顧客の好みがわかる。
従って、その顧客に合わせたクーポンを効率良く配給することで、顧客の利用頻度を上げることが期待できる。

また、顧客の全ての情報を集計することで、売れている製品、売れていない製品の差がわかり、今後どのような製品やサービスを提供していけばいいかがわかる。
顧客情報は自社のマーケティング戦略を決定づける上で非常に重要な情報源である。

配給するクーポンやサービス券には、家族割引や友達紹介割引などをつけることで、異なる年代や性別の人の獲得も期待出来る。
利用すればするほどお得になるようなサービスを作れば、よりヘビーユーザーを創出することが期待出来る。

顧客情報は企業にとって、自社の企業戦略を決定付ける非常に有用なデータになりえるが、その扱いは非常に難しい。
顧客情報は個人情報であり、企業戦略などのために利用するに留めることが決められている。
もし、顧客情報を流出したりすれば、さまざまな個人情報を流出させてしまうことになるので、企業の信頼を一気に落としてしまうことになる。

マーケティング調査会社などに依頼し、顧客情報を獲得するのは確かに高額であるが、このような個人情報の管理を委託することが出来るので高額なだけのメリットはあるかもしれない。

また、そのような調査会社はその道のプロなので、アンケートモニターのリクルーティングもしっかりしている。
重要なのは自社の製品やサービスを良く知った上で、どのような顧客管理を行うことが、自社にとってベストな方法であるかを見つけることである。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*