ICカードとはなにか

現在ICカードというものが普及していますが、どのような機能があるのかというと、今では携帯電話があるためあまり利用されなくなりましたが公衆電話で使えるテレフォンカードもその一つです。カードの中に情報をあつめそのカードで何でも精算ができたりととても便利です。クレジットカードや、携帯電話の中に挿入されている小さなカードも同じです。
それでは主にこちらも利用数が多い交通機関で利用されてるSuicaというカードについて説明します。
Suicaは関東地方で主に利用されており、JRや地下鉄を利用するときに切符を購入しなくてもカード内にお金をチャージしておけば、改札でタッチするだけで支払いができ電車に乗ることができるものです。
切符をその都度購入しなくてもよいこと、乗り換えるときもそのままカードで乗り換えができるのでとても便利で関東地方ではよく使われています。定期券としても購入することができます。定期にくわえてチャージ分で、定期区間外の部分も支払いタッチで通ることができるのです。もうひとつPASMOというICカードがありますが、こちらは地下鉄の定期を買うときに利用できます。もちろんチャージして地下鉄を利用することもできます。Suicaだと地下鉄の定期は購入ができません。このカードで対応しているコンビニやお店ではタッチするだけで商品を購入することもできます。いまではカード対応の自動販売機ならタッチでジュースをかうこともできます。大半の駅であれば切符販売機でチャージができます。また、コンビニなど対応しているお店でもチャージが可能です。
このSuica、PASMOは、おもに首都圏で利用ができるものになっており、ほかの地域だと地域ごとにカードが存在し、名前もカードごとに異なる名称になっています。利用方法はSuicaやPASMOとほぼ同じです。ちなみに、キャラクターも地域、カードごとに設定がされており、首都圏で使えるSuicaはペンギンが使われています。
Suicaは500円で購入ができるのですが、500円はデポジット代として購入時に支払うので、使わなくなって破棄したいときには、駅によくあるみどりの窓口で返し、500円がもどってくるというシステムになっています。
数ある便利なICカードのなかでも断トツ便利でよく使われているSuica。まだ使用したことがない場合は購入して交通機関やショッピングで利用してみるのがおすすめです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*